[編集]
2018年 <<LAST  12月  NEXT>>

  2018年12月5日(水)   クロガリ 黒米の精米 そばの刈取り 煙突立て
天候 曇り 参加者 6名

四日夕刻強い雨があったが、幸い、炭焼窯前の庇に取り込んだ蕎麦には、吹き込みはなかった。
小川沿いのクロガリ3回目。小川に入っての斜面下部の刈り取りを2名で行い、上部の刈り取りを1名で実施。最後に2名が小川内の刈り草をフェンスを越して田んぼ沿いに持ち出した(写真)。
八日の注連縄づくりの日に黒米などの餅つきをする。不調だった循環式の精米機の底のぬか取り用の金網の変形を1名が修復し、黒米を精米して、やや黒味のある状態に仕上げる。この米も使って、3種類の餅の準備を始めた。
午後、山野草園内のそばの刈り取りを2名で実施。かなり上出来だと思われたが、気温の低下とともに倒れ始めていた。なんとか刈り取って、炭焼窯前の庇の下に収める。
3名が東屋内の煙突の整備を行う。用意した煙突の本数が不足して、配置上横行の長さより垂直の長さが不足となった。8日の朝までに補充して、次回追加の予定。
▲top
CGI-design