[編集]
2018年 <<LAST  8月  NEXT>>

  2018年8月18日(土)   みんなで いかそう ビオトープ 8月
天候 晴れ 参加者 4家族(子ども5 大人7) 先生1 スタッフ1

山野草園から第一倉庫、みんなのビオトープで生き物探し。生き物図鑑づくり。
夏休みの工作のために、自然素材をフレームに使ったフォトフレーム作り。
▲top

  2018年8月11日(土)   
▲top

  2018年8月8日(水)   果樹園、山野草園の草刈りほか

天候 晴れ 参加者10人
  
 朝から、栗園と果樹園に分かれて草刈りを実施した。栗園は二人の作業であり、栗の木の周囲を徹底して草刈りを行った。果樹園は水路にイノシシが入って水路を荒らしワイヤーメッシュの下から侵入しようとしている。水路が泥で詰まり水が流れていない。刈り払い機による草刈り作業と並行して、水路整備。まず泥上げし水の流れを確保すると、田んぼの水の放水が開始されたこともあり大量の水が流れ出した。フェンスの際にワイヤーメッシュを水路にかぶさるように設置した。このほか、小川の堰の補修し古代米の田への導水を確保した。
▲top

  2018年8月4日(土)   里山自然体験 IN山野草の里

天候 晴れ 参加者77人
    
里山自然体験は、「奈良県山の日・川の日」「山と森の月間」のイベントです。
10時30分に三谷の里山をめぐるオリエンテーリング開始。三谷城址からこうじや山を経由、丸木橋を渡り斜面を登って行くコースです。ビオトープ池で少しの間水生昆虫を観察、ミズカマキリも見ることができた。そこから難所の登坂を経由し神武天皇陵遥拝所の碑を通り、全員が東屋にゴールインしました。お昼は、流しソーメンです。プチトマトが流れてきたり、割り箸で挟むのが大変です。午後からは、竹クラフトの時間です。大きな竹をのこぎりで切ったり、紙玉鉄砲を作って遊んだり、棕櫚の葉でカタツムリを作って里山の自然を満喫してもらいました。暑い夏のイベントでしたが、
竹工作が楽しかった。ソーメン流しも楽しかった棟と、参加者の皆さん楽しんでいただけたようです。暑い中、スタッフの皆様、ありがとうございました。
▲top

  2018年8月1日(水)   里山自然体験の準備ほか
 
天候 晴れ   参加者9人
 
猛暑が続き先週末から熱中症対策として、夏の間朝9時集合し即作業開始の二日目である。
今日の作業は8月4日里山自然体験の準備。朝9時丁度に1人が広場の草刈り作業を開始され、2人が竹クラフトやソーメン流しをするソーメン流しの竹の台の組み立てを行うべく運搬車に積み込み作業を行っていた。また2人が東屋でオリエンテーリングの下準備のうえ、パネルほかの材料・道具をリュックに詰めこみ東屋の裏から登り始めた。全コースを回りながら各ポイントには進行方向を示す矢印パネルを樹木に巻き付けたり、番号パネルをひもでぶら下げたりしながら作業を進めた。
暑い日が続く中、この時期のイベントの準備、皆さまご苦労様です。お昼には、10月発刊のきれいに暮らす奈良県スタイルジャーナルに当会の活動を紹介して頂くため、奈良県くらし創造部および潟Aイプリコム系3名の方が来られ打合せを行った。
▲top
CGI-design