[編集]
2020年 <<LAST  5月  NEXT>>

  2020年5月20日(水)   
▲top

  2020年5月16日(土)   古代米の田植え@、ハヤトウリ棚にネット張りほか
天候 曇り時々雨   参加者 11人(会員11人)

 5月14日、緊急事態が奈良県を含め39県で解除されました。本会の活動も自粛の段階から、感染拡大防止に努めつつ、段階的に里山保全の活動に取り組むこととしています。
 コロナ対策から参加者募集しての「古代米の田植え」のイベントを中止し、活動自粛等もあり、田植えが実施できるのか心配していました。この間近隣等在住のスタッフ数人の協力もあり、今日は修理枝の農家から2条用の田植え機をお借りして田植えテストをすることができました。一番上の4枚目に黒米を植えることができました。
 このはか、栗園の手入れ、園内の草刈り、ハヤトウリ棚にネットの貼り付けなどを行いました。雨も強くなり、活動は午前中で切り上げしました。
 
▲top

  2020年5月13日(水)   田んぼの代かき、はyとウリ植え付けほか
  天候 晴れ   参加者 8人(会員8人)

  前回は荒起しを完了し、田んぼに水入れを開始しましたが、今朝は4枚の田に水が入っています。
 朝一番に奈良イセキの担当者が来られ、耕運機に代かき用部品の取り付けしてもらいました。早速、上の田から順に代かきを行い、正午を少し回りまわりましたが午前中に4枚の田の代かきを完了しました。昼から、修理枝の農家に出向き、2条用の田植え機をお借りし持ち帰りました。
 このほか、刈り払い機を使って草刈り、ハヤトウリの苗の植え付けを完了、植え付けしたキュウリに支柱を立てたりといった作業も行いました。
▲top

  2020年5月9日(土)   コロナウイルス対応協議、田んぼへの注水
   天候 晴れ   参加者 9人(会員のみ)

  政府は緊急事態宣言を5月末まで延長するとともに、人との接触8割削減を解除し5月は次なるス
 テップの準備期間と位置づけしました。本会は5月末まで活動自粛の基本的立場は継続しますが、重 要里地里山の保全活動として水生昆虫の住処となる水田における古代米作り、関連作業等に限定し、 安全対策を講じて一部の活動を再開することにしました。
   
 今日は、畔の草刈りとともに、小川の井堰を補修し3本のパイプを使って田んぼへの注水を開始しました。
▲top

  2020年5月6日(水)     活動自粛
   新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が全国に拡大されたことに伴い
5月6日まで活動を自粛しています。
   
  緊急事態宣言が5月末まで延長されたことから、本会の通常活動は自粛としましたが、田植え・草刈り等の作業に限って一部活動を再開、近隣在住の方を始め会員スタッフの自主参加で行うことになりました。
  畔草刈りを行うとともに、小川の井堰を補修し田んぼへの注水を開始しました。
▲top

  2020年5月2日(土)     活動自粛
 新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が全国に拡大されたことに伴い
5月6日まで活動を自粛しています。
  
▲top
CGI-design