[編集]
2019年 <<LAST  8月  NEXT>>

  2019年8月17日(土)   
▲top

  2019年8月16日(金)   
▲top

  2019年8月10日(土)   


 湯峯さんが一枚目の草取りを頑張られる。鈴木さんが一枚目と二枚目の間の草を刈られる。
 二枚目上部の草取りの続きをし、し残した、下部と左方のシュート取りと畔に近い場所の草取りをする。この田にはオモダカが目立って大きく数も多い。さらに一枚目の右方と上部の草取りを念入りに行う。コナギの株が太り、数も多くなっている。
 14日はお盆休みとなるので、上の堰からの水が少し細いのが気になり見に行くと、細い流れを阻害する草、ツル、水垢などが気になり、流れを探った。
▲top

  2019年8月7日(水)   


 三枚目から一枚目の田んぼに出穂が見られた。そろそろ田に入って雑草を取るのが難しい時期となる。
 上の堰からの水入れが滞っていたが、取水口ホース先端にからんだ草の根が原因だった。
 前回に続き、二枚目の上部と左方の岸部分の草取りを行なった。
▲top

  2019年8月3日(土)   

 上下の堰とも破損はしていなかったが、小川の水量が減り、上の堰のホースに大きめの石が絡み、下の堰のホースには草の根が絡んでいた。いずれも比較的簡単に通水は可能だった。鈴木さんが4つ爪の鍬に2間ほどの細竹を結わえて草取りを試された。村上さんが草刈機に水田雑草用の刃を取り付けて、下から順に畝間を広げた場所で草刈りを試された。3枚目の田のあぜの草を手刈りし、セリ、アゼカクシ、ミゾソバなどの田に伸びるランナーと稲株周りのコナギやオモダカを腕をいっぱい伸ばして外す。田んぼの水回りが急によくなる。
 
▲top
CGI-design