[編集]
2020年 <<LAST  8月  NEXT>>

  2020年8月12日(水)   ビオトープ周辺の草刈り、小川両岸の草刈りほか
  天候 晴れ   参加者11人(うち会員10人)

  猛暑が続きますが、9月上旬までは、農地周囲の草刈り作業に最優先して取り組む必要があります。今日は、棚田ビオトープ入り口にシカの侵入防止のため背の高いワイヤーメッシュのフェンス2枚を設置。ビオトープ周辺の草刈りは下方の柵までほぼできました。前の小川の両岸の草刈り(写真参照)も実施しており、もう少しです。古代米田は下から1枚目だけですが草刈りができました。22日予定のソバの種まきに備え耕運機を運び込みソバ畑の耕うんも行いました。
  園内にシカが侵入して小枝を折り樹木の葉を食べている形跡があります。ビオトープ入り口のフェンスを高くしましたので様子見です。小川沿からのイノシシ侵入防止策の検討、陥没箇所の工事も検討が必要です。なお、15日土曜日だけですがお盆休みとなります。
▲top

  2020年8月8日(土)   小川沿い両岸の草刈り、ビオトープ草刈りほか
   天候 晴れ   参加者11人(会員11人)

  イノシシが小川沿いの方々でワイヤーメッシュ柵の下を掘り返している。刈り払い機を使って小川沿いに両岸の草刈りをしたところ、柵の下をくぐり抜けて園内に侵入できそうな箇所が5、6カ所はありました。ミミズを探しているだけかもしれないが侵入可能な箇所の補強等対策が必要です。シカも侵入しているそうなので、背の高い柵の設置を検討することも必要です。このほか、秋野菜の植え付けのために倉庫横の畑の耕うん作業、田んぼへの注水作業(ホースの点検等)、ビオトープ池周囲および下辺周囲の草刈り、および小川の草刈り等も行いました。
  会の活動は昼までですが、午後からは有志が集まって倉庫横に作業室を増築するために、ヒノキの切断、グラインダーで磨き、ノミで削り取り等々の作業が共同で行われ、棟上げまで完了していました。  なお、8月15日(土)はお盆休みとします。
▲top

  2020年8月5日(水)   赤いそば畑の耕うん、果樹園の草刈りほか
  天候 晴れ  参加者10人(会員10人)

  天気予報では奈良も35℃を超える猛暑が予想されている。作業は果樹園の草刈り、手前のキトラの畑で赤いそばの種まきができるように耕うん作業を行いました。このほか、戌亥の畑では花豆に支柱を立て、下から4枚目、2枚目の田んぼへの注水がストップしていたので、小川の井堰のパイプ詰まりを除去、パイプの継ぎ目をつなぎ直し通水を確保しました。同様にハウス横の田への注水も確保しました。活動はお昼までで終了しました。
  活動終了後、巻向手前の穴師の農家から耕運機を譲って頂き、軽トラに載せて持ち帰りました。すぐに使用できる機械です。ありがとうございます。このほか、8月の時短の期間を利用して、機械のメンテナンス等の作業室を造るため、有志が集まって第一倉庫の横の棚のあった空間の改修作業を開始しています。出来上がりが楽しみです。
  次回予定:戌亥草刈り、小川沿いクロガリ整備、鹿対策ビオトープ下方に柵設置。当日決定。
▲top

  2020年8月1日(土)   畑の耕うん、ビオトープ草刈りほか
  天候 晴れ   参加者11人(うち会員10人)

  朝1番、園内の草刈りを開始。ハウス周辺では、ヤマユリの周辺、小川を渡った一段高い放置箇所、ハウス横の田等草刈りに着手。小川の井堰で注水パイプのつまりを除去し古代米田んぼへの注水確保、秋野菜用に倉庫横の畑の耕うん、ビオトープの草刈り等を実施しました。
  今日から夏時間。9時集合で作業は12時。昼食後は解散しますが、各人日頃できないことをできる時間でもあり、炎天下を避けて自由に活動できる時間でもあります。
▲top
CGI-design