[編集]
2019年 <<LAST  10月  NEXT>>

  2019年10月12日(土)   

 
  12日は、台風19号による暴風雨に備え活動は中止します。

  里山保全ボランティア養成講座の最終回は、11月4日に延期とします。
▲top

  2019年10月9日(水)   初瀬小学校5年生環境学習ほか

   天候 晴れ  参加者28人(うち会員9人)

 今年も三谷「山野草の里」において初瀬小学校5年生の環境学習を受け入れ実施しました。
 朝早く5年生生徒17人と先生お二人がスクールバスで到着。9時前には東屋で山野草の里における活動の説明が始まりました。続いて山野草園の散策、10時にはビオトープにおいて水生昆虫を観察しました。小休止のち、ヘルメットをかぶり、腰にノコギリをつけて4つの範囲分かれて竹林に移動。ノコギリで竹の伐倒を体験してもらいました。伐った竹の枝を払い、背丈ほどに玉切し、全員切った竹を運び出してもらいました。午後からは1時半まで竹工作です。自分で切った竹を使って先ずコップを作り、あとは自由にコッポリや花器、紙玉鉄砲を作って遊んでもらいました。
 子供たちが帰った後、残った時間で一番下の古代米の稲刈りを行いました。一昨日の雨が残っていたため、稲刈りをすべて完了することはできませんでした。


▲top

  2019年10月5日(土)   稲刈り体験・里の秋
  天候 曇りのち晴れ  参加者 12人(うち会員6人)

  一昨日の台風の影響で三谷も相当雨が降ったようで田んぼもぬかるんだ箇所もあった。第65回花の宴「稲刈り体験・里の秋」は、里ボラの卒業生と第3回の講座生に参加していただき、3枚の田んぼの黒米の稲刈り、稲架かけを完了することができました。ありがとうございました。
  午後は、少し残った稲刈りを完了させ、三谷「山野草の里」の秋を散策しました。赤いそばの花(高嶺ルビー)、秋の山野草の写真を撮ったり、栗園では栗拾いもしました。
▲top

  2019年10月2日(水)   里山林見回り、椎茸榾木の整理ほか
  天候 曇り  参加者5人(会員5人)
  
  午前中は、シイタケの収穫時期も近いが今年の出来はあまり良くないかもしれない。榾木(ホダギ)を調べ枯れて朽ち始めたものを除去し、榾木を立てかけているヒノキの棚は広場に積んだヒノキを使用して補強した。これで当分大丈夫である。また山野草園の草刈り、ビオトープの管理等も行った。
  午後は、今月下旬に作業を開始する「地域で育む里山林」の整備対象箇所の2か所を見回り、作業の段取りを確認した。先ず12月7日に炭焼きできるように炭材となるクヌギ・コナラの伐採日程を決めて、里ボラ講座生にも声をかけることが決まった。このほか、第一倉庫1枚目田んぼの排水路整備、カブ畑一番下の耕うんなども行った。
▲top
CGI-design