[編集]
2018年 <<LAST  11月  NEXT>>

  2018年11月28日(水)   雨模様の一日
天候 曇り一時雨 参加者 9名

曇り空で、「何時頃から雨になるのか」様子を見ながらの一日。
朝の一時間はクロガリ。二手に別れて実施。2名がビニールハウス近くの山裾、2名が今シーズン初めての小川沿い。1名が黒米の脱穀、もみ抜き。2名が山野草園内のビックリグミなどの剪定。
次いで、子供探検基地前の畑に行き赤い花のそばの刈り取り。近くの細い竹を切り出し、柱を立てて、束せたそばを集めて結わえ乾燥を始める(写真)。お昼を少し回るまでかかった。少し雨が落ち始めていた。
昼食の後、朝のとんとの灰に埋められた焼き芋をいただく。
午後、緑米の脱穀を行なった。イノシシに食べられた残りで、収量は一握りほどだが、よく選別したら、種子には使えるだろう。
終わりがけビオトープに入ると、イノシシの新しい足跡!小川沿いを下ると、ソロヒョウマツの池の下のワイヤーメッシュの下などが荒らされていたので、応急修理をする。


▲top

  2018年11月24日(土)   
▲top

  2018年11月18日(日)   みんなで いかそう ビオトープ
天候 晴れ曇り 参加者 4家族(子ども8 大人6) 先生1 お客様3 スタッフ2

 少し寒い朝で、子供たちと「杉葉ひろい」を楽しみ、火床の周りに集められた燃材でとんとをしました。少し大きくなったところで、持参されたサツマイモを焼くことになり、灰を火から遠ざけて集め「濡れ新聞+アルミホイル」に包んで埋め、灰の周りからやや遠めに燃材を入れました。
 新しい仲間の紹介をしてから、古山先生が「下の倉庫からビオトープ池に行ってみよう」、ネジキの木取りをして「キーカバーを作る」ことも話されました。ところが11時過ぎに二人の猟師さんが来られ、第二倉庫の前に軽トラックを止めて荷台の上で、近くの罠にかかった小さいイノシシの解体を始められました。萱森の方ともうお一人で、興味深く見させていただきました。子どもも大人もこのような体験はあまりできません。手際よく皮を剥いで、あばら骨を外し、心臓、胆嚢などと内臓の説明をしながら進められました。先生がお尻の皮をもらわれ、なめして「尻あて」を作るそうです。
 12時半頃から炭火の準備を始め、1時過ぎからみんなでいただきました。今までにも地元の猪肉をいただき美味しかったのですが、今回は全ての内臓も美味しいのではないかと思いました。すばらしい口福のひとときとなりました。
 2時を回ってから、ビオトープ池に行きました。シオカラトンボ(ヤゴ)、オニヤンマ(ヤゴ)、オオコオイムシ 、ヒメゲンゴロウ、ヒメガムシ、ドジョウ、アカハライモリ 、タイワンシジミなどを見てから、子どもたちは、泥だんごを丸めたり、小川の井手からの水を引き込む場所で、水路を変えたりして遊んでいました。
 最後にツルを探しに行きました。ツタのツルを探し出して、しっかりと丸めました。乾燥させて、12月のリースづくりで使います。ビオトープに生き物を返しに行ったら、すっかり暗くなっていました。 
▲top

  2018年11月17日(土)   
▲top

  2018年11月14日(水)   
▲top

  2018年11月10日(土)   
▲top

  2018年11月7日(水)   農商フェスティバルの準備ほか

天候:晴れ  参加者:12人

  ウォーキングフェスティバルの次は10日(土)農林課主催の農商フェスティバルと2週続いて桜井市のイベントである。午前中は果樹園に移動して柿取りとピーナッツ取りを行う。廃車する軽トラの引き上げが完了した。解体通知を取れれば事務処理も完了の見通しである。昼に久しぶりのスタッフが1名参加、持参したカレーの煮つけを頂く。午後は倉庫横の用水ホースを掘り出し、溝堀りに力を発揮してもらった。10日はボランティア養成講座、里地里山を楽しむ会、さらに農商フェスティバルと重なることから打ち合わせを行った。
▲top

  2018年11月4日(日)   ウォーキングフェスティバル出店参加

  天候 晴れ  参加者8人

 朝早くから集合し、かやくご飯をパックに詰め込み、黒米のおにぎりを握ったり、皿に商品を並べ値札をつけたり、準備万端の体制で臨んだ。今日持参した三谷産の農産物は、黒米2018年産、17年産、ハヤトウリ、かやくご飯、おにぎり、ゆでピーナッツ、生ピーナッツ、富士柿、ハナナス、しいたけ等で、秋晴れの1日でウォーキングの参加者も多く山野草の里の農産品も大いに好評でした。
▲top

  2018年11月3日(土)   ウォーキングフェスティバル出店準備

  天候 晴れ  参加者7人

 天気が良く朝1番に第1倉庫横にブルーシートを広げて黒米の袋を並べて天日干しておき、今日の作業を開始。この秋設置した池の下の会所から田んぼまでの水路をイノシシが荒らしたので、泥上げをして水の流れを確保した。明日のウォーキングフェスティバルに出店するため山野草園内ではハヤトウリ、ハナナス取りを行い、黒米は唐箕選を実施し籾摺りし石抜き機を通した。イノシシ防御のワイヤーメッシュ柵を見てまわりながら、支柱・竹を打ち込み針金を使い補強した。夕方、KCNの担当者が来られ上之郷地域全体に光回線が敷設され、来年1〜3月に光回線を利用してインターネット利用が可能となること、また料金等詳細の説明があった。
▲top
CGI-design