[編集]
2018年 <<LAST  7月  NEXT>>

  2018年7月28日(土)   ソーメン流し準備、草刈りなど

   天候 晴れ  参加者12人(スタッフ10+2) 
  
   猛暑日が続くことから前回のミーティングで朝9時に即作業開始し午前中で作業を終了しよう
ということになった。今日はその第1日目である。里山自然体験で使用する流しソーメン竹割、節取り、グラインダーで表面削り等を行った。里芋畑や畔草刈り、またオリエンテーリングコースのビオトープの草刈を行った。食事会では、サンマの炭焼き、サラダを食べながらランチオンミーティングでイベントの打合せなどを行った。
▲top

  2018年7月25日(水)   
▲top

  2018年7月22日(日)   川上村ゴイシツバメ・みんなでいかそうビオトープ第二日
 参加者 スタッフ2 先生1 8家族(子ども17 大人13=根来のお客様1家族 子ども2 大人2を含む)
 
 源流館に寝袋を返すために寄り、この日参加の2家族と合流、大きなパーティーとなり、いびかの里へ隊列を組んで出発です。
 いびかの里に到着 炭などを運び込んだ後、炭おこし。そうこうするうちに子供たちお待ちかねのアマゴつかみが始まりました。子供たちは嬉々としてアマゴを掴み、バケツにほり込み、プールにいなくなるとまた放流をリクエスト。アマゴは次々とダウンしてゆきますが、もう一度!
 アマゴを洗い、ワタを抜いて、用意してもらった食材といっしょに焼き、さっそく子どもたちが食事を開始。11時半頃から14時半までの3時間の食事となりました。最後は子どもたちのお決まりの遊び「だるまさんがころんだ」が始まりました。暑さ真っ盛りでも、子どもたちは元気いっぱいに遊んでくれました。
 15時すぎ解散となりましたが、これから蜻蛉の滝を目指すグループもありました。
▲top

  2018年7月21日(土)   
天候 晴れ

○ 参加者 山本、河野、加藤、大里、小杉 5名

○ 活動内容

  ・赤そばの種の選別(虫が食ってつづれているもの等を除く)、天日干し。

・ソバ発芽テスト畑の耕運、整地。

  ・ゴンベエで2すじ播種。

  ・ 小川側のオリエンテーリングコース山道階段の落葉、堆積土の除去

  ・安全柵の設置。
▲top

  2018年7月21日(土)   川上村ゴイシツバメ・みんなでいかそうビオトープ宿泊
 参加者 スタッフ2 先生1 6家族(子ども12 大人11=根来の1家族 子ども2 大人2を含む) 川上村関係のみなさま 

  古山先生が和歌山県の根来で、三谷の様な昆虫を中心とした観察会を毎月されています。その一家族と朝から合流して、調査を一緒に楽しみました。そして源流館から寝袋をお借りして、枌尾(そぎお)に移動して、農家民宿に入りました。総勢25名で、さらに川上村の人たちも一緒に夕食、ライトトラップを楽しみます。
 荷物を持ち込んですぐに夕食の準備です。この日のメニューと材料は鈴鹿さん他のお母さんがたが引き受けていただきました。広いキッチンで、子供たちと一緒にジャガイモの皮むきから、カマドを使ったご飯たきまで、農家民宿のご夫婦に導かれ順調に進められました。残りの男たちがテーブルの準備をして待ち受けます。源流館の木村さん手作りの鳥のから揚げ、ジャガイモの炒め物を持参され、上西さんからのボトルの差し入れも届きました。子供たちからサラダとカレーライスをいただき、次いで大人もいただきました。
 テーブルを片付けて、ライトトラップが始まりました。夕方から続いた、子供たちのハンモック遊びもずいぶん長く続きました。
 朝 古山先生がほとんどの子供を連れて、前の河原に水晶などが落ちていると出かけられました。8時半子供たちから一盛りの卵とソーセージと野菜にパンの朝食。いつもながらにたくさんの調理ありがとうございます。ごちそうさまでした。
 農家民宿のみなさん ありがとうございました。 
▲top

  2018年7月21日(土)   川上村ゴイシツバメ・みんなでいかそうビオトープ第一日
 天候 晴れ  参加者 スタッフ10名 ビオトープ19名=5家族(子ども10、大人9)
 
 昨年9月の川上村訪問は台風のため中止となりましたが、今年は天候に恵まれて、二日間の日程を楽しむことができました。一日目の活動は森と水の源流館と当会との交流事業として開催されました。ゴイシツバメシジミは国の天然記念物で、奈良県川上村、熊本県、宮崎県に生息するチョウチョウで絶滅する恐れが高いものとなっていて、奈良県、宮崎県では最近は確認されていません。
 このチョウの調査をされてきた昆虫生態写真家の伊藤ふくおさんのお話を源流館で聞いた後、マイクロバス、乗用車などに分乗して調査地に向かいました。途中大台ケ原を見ることができました。
 調査は昆虫だけでなく植物のことも専門の先生の説明を聞きながら行われました。三谷では見られない植物も多く見られ、興味いっぱいの調査となりました。残念ながらゴイシツバメシジミは先生方が仕掛けられたトラップにも引き寄せられず見られませんでしたが、食草のシシンランが、大きな原始林の木に育つ様子をフィールドスコープで見せていただきました。源流館の木村さんから参加者に渡された調査用紙に、多くのデータが書き込まれ、後日まとめられる予定です。
 最後に記念撮影が行われ、楽しかった観察会が終わり解散となりました。

 一日目の活動は森と水の源流館と当会との交流事業として開催されました。次の「かわかみブログ」の7月21日の記事を参考にご覧ください。
 http://blog.livedoor.jp/kawakamimura/archives/cat_50029863.html
▲top

  2018年7月18日(水)   山野草園の草刈、大和川源流体験準備ほか

 天候 晴れ  参加者10人
 
  里山自然体験オリエンテーリングコースの草刈を行った。階段1か所の補修も完了することがで
きた。赤いそば畑をトラクターで耕うんした。
本日、体調不良により2時頃に1名帰宅された。例年以上の高温の日が続いており、熱中症に十分気を付ける必要がある。作業の進め方を見直す必要もある。
▲top

  2018年7月16日(月)   大和川源流体験ツアー
▲top

  2018年7月14日(土)   里山保全ボランティア養成講座 刈り払い機
▲top

  2018年7月11日(水)   
▲top

  2018年7月7日(土)   
▲top

  2018年7月4日(水)   
▲top
CGI-design